医師とスタッフの紹介

院長

立山 萬里(たてやま まさと)

ストレスによるさまざまな心身の症状を、身体面だけでなく、心理面、職場状況や家庭環境をふくめた、多くの要因によるものとして総合的に診断し、各個人に最適な、包括的な治療をおすすめします。

所属学会

  • 日本精神神経学会
  • 日本臨床精神薬理学会
  • 日本心身医学会
  • 日本病跡学会 (2004年「芥川龍之介とヴェロナール中毒」にて学会奨励賞受賞)

資格

  • 医学博士(慶應義塾大学医学部)
  • 精神保健指定医師
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本精神神経学会精神科専門医

主著書,共著

  • 伊藤斉、立山萬里(監訳):日常臨床における向精神薬の使い方,医学書院(1984年)
  • 福屋武人、鍋田恭孝: クレッチマ-の思想(1986年)
  • 上島国利:今日のうつ病治療(1990年)
  • 浅井昌弘、八木剛平:精神分裂病治療のストラテジ-(1991年)
  • 上島国利:抗うつ薬の過去・現在・未来(1992年)
  • 加藤正明、保崎秀夫、笠原嘉、宮本忠雄、小此木啓吾:新版精神医学事典(1993年)
  • 上島国利、村崎光邦、八木剛平:精神治療薬大系第2巻 抗精神病薬(1996年)
  • 上島国利、村崎光邦、八木剛平:精神治療薬大系第5巻向精神薬の副作用とその対策(1996)
  • 松下正明,浅井昌弘,小島卓也:臨床精神医学講座1,精神症候と疾患分類・疫学(1998年)
  • 鹿島晴雄:精神保健入門(2000年)
  • 上島国利,立山萬里:精神医学テキスト第1版。南江堂(2000年)
  • 小峰光博、南裕子、和田攻:看護大事典メディカルフレンド社(2002年)
  • 加藤敏・神庭重信・中谷陽二他:現代精神医学事典(2011年)

近著

  • 立山萬里:天才作家のこころを読む。文藝春秋社(2011年5月)
  • 上島国利、立山萬里: 精神医学テキスト改訂第3版。南江堂(2012年2月)
  • 上島国利、立山萬里、三村将:精神医学テキスト改訂第4版。南江堂(2017年)

略歴

1974.3
慶應義塾大学医学部 卒業。精神神経科研修医
1975.5
財団法人 井之頭病院 精神科 医師
1982.5
慶應義塾大学医学部 精神神経科助手
1985.2
フンボルト財団研究奨学員としてドイツ・チュ-ビンゲン大学(ハイマン主任教授)に留学
1986.6
都立大久保病院 神経科 医長/慶應義塾大学医学部兼任講師
1987.10
都立大塚病院  神経科 医長/同上
1990.4
都立医療技術短期大学 教授/同上
1994.7
東京都・海外研究員として、ウィ-ン大学精神科(カスパ-主任教授)に留学
1998.4
都立保健科学大学(現 首都大学東京健康福祉学部)教授 /保健医療生涯教育センタ- 長
2003.4~現在
飯田橋ガーデンクリニック院長/慶応大学医学部非常勤講師

非常勤医師

鈴木厚子先生

毎週金曜15時00分~19時30分担当
滋賀医科大学卒
慶応病院精神神経科、横浜市民病院などにて研修。
日本医師会認定産業医

石井亜希子先生

毎週火曜10時30分~12時30分担当
聖マリアンナ医科大学卒
慶応病院 精神・神経科、大泉病院、日本鋼管病院にて研修。
精神保健指定医
日本医師会認定産業医

カウンセラ- (併設IGCカウンセリングセンタ-)

矢澤美香子 臨床心理士、産業カウンセラー

早稲田大学 第一文学部卒
早稲田大学 大学院人間科学研究科博士(人間科学)
武蔵野大学 人間科学科 准教授

武井妙子 臨床心理士、精神保健福祉士

大阪大学 卒
大阪大学 大学院 前期課程修了 心理学専攻
都立 荏原病院 精神科、リハビリテーション科
都立 松沢病院 精神科で心理士として勤務

古澤佳代子 臨床心理士

Pierce College General education 卒業
Pecific Lutheran University psychology 専攻卒業
早稲田大学大学院 人間科学研究科 臨床心理学 修士卒業

松本 咲 臨床心理士

文京学院大学 人間学部 心理学科 卒業
文京学院大学 大学院 人間学研究科 心理学専攻 修士卒業

アクセスマップ