オフィスワーカーのカウンセリング

オフィスワーカーのカウンセリングについて

飯田橋ガ-デンクリニックでは,付設のカウンセリングセンタ-のカウンセラ-と協同で,とくにオフィスワーカーのためのカウンセリングをおこなっています。
ストレスは、強いストレスの場合(PTSDなど)には,誰でも、不安や抑うつ反応を起こします。実際には、そのほかに、些細なストレスでも、その人にとっては、反応をおこすような「鍵体験」であったり、反応をおこしやすい,もともとの性格傾向の「鍵穴」であったりすると、不安や抑うつ状態,あるいは原因不明の心身症を発症したり,それらの症状が長引くことがあります。
オフィスワ-カ-のストレスは、仕事量の多さのほかに、職場における人間関係のストレスによるものがほとんどです。仕事内容の「自由裁量度」がすくない場合もストレスが強くなります。
これらのストレス要因の大きさと内容を,精神科医が多面的に診断した上で,各個人にあったカウンセリングをおすすめします。
img04

カウンセリング内容

ストレスカウンセリング(1回のみ,30分予約制)

当院では、心理検査をもちいてストレスをチェックし、、その結果をカウンセラ-に分析してもらい、そのデ-タ-をもとに、ストレスの対処法の極端なかたよりや不十分な点について,フィ-ドバックします。また,とくに人間関係についてフラストレ-ションとなりやすい原因についての心理検査をもちいての「ストレスカウンセリング」(予約制1回30分)もおこないます。

心理カウンセリング(複数回,50分予約制)

上の「ストレスカウンセリング」のあとに、医師とカウンセラ-が話し合ったうえで,ご希望のかたには,続けて,定期的な「心理カウンセリング」(予約制1回50分)をおすすめします。
うつ病に対する認知行動療法やパニック障害や心身症に対する自律訓練法など,月に1~2回,定期的におこないます。いずれも医師の診療と連携しておこないますので、安心して受けることができます。

復職支援面接とグループセラピー

復職支援面接(毎週30分,予約制)

病気休職中のかたなどの復職に向けて,精神保健福祉士やカウンセラ-が,毎週,予約制で30分のマンツーマンの支援面接をいたします。毎日の生活リズムづくりもかねていますので,復職への不安をやわらげ,通勤練習や短縮勤務など職場復帰にむけてのプログラムにそったアドバイスをおこないます。ご本人の了承があれば,産業医や人事担当者との面接への橋渡しをいたします。

グループ・セラピー(週2回,1時間)

長期休職中や,ひきこもりがちで,対話不足のかたに週2回あつまってもらい,精神保健福祉士とそのアシスタントが中心となって,コミニケ-ションなど対人関係のスキルを向上させます。ひとりで悩んでしまい,生活リズムもみだれがちなかたに最適です。少人数(最大6名)でおこないますので,大人数の中では,気後れしそうなかたに向いています。

アクセスマップ